ロゴ
ログイン お気に入り
ホーム ログイン 検索 お気に入り
My Kitchen SELECT
伝統のティーメゾン、KUSUMI TEA
 
   ABOUT   
KUSUMI TEAについて
 

KUSUMI TEAは伝統の中で
生まれた独創的なレシピと
モダンで革新的なフレーバーを育む
類まれなティーメゾンです。

クリスマスにもぴったりなティー

ご自身へのちょっとしたご褒美に
大切な方へのプレゼントに
ぴったりのティーを見つけてください

KUSUMI TEAに興味がある方は
↓をご覧ください。

  PRESENT  
抽選結果発表
 

神奈川県F様、東京都T様が
KUSUMI TEAプレゼント
に当選いたしました。

 Recommend 
料理教室のコラム
 

マイキッチンの人気講師の
KUSUMI TEAを使った
クリスマスコーディネートです

[タイアップ企画] Christmas in Paris by KUSUMI TEA の世界ですてきなクリスマスを

缶のフタを開けた瞬間、ふわぁ〜と広がるアロマ
クリスマスの季節を感じる優しいシナモン、グローブにレモンがほのかに香る。
これがChristmas in Parisを手に取った時のインプレッション。

みなさんはKUSUMI TEAを召し上がったことはありますか?
150年続く歴史あるティーメゾン
発祥はロシア、そして現在はパリで愛されています。

今回はこのChristmas in Paris by KUSUMI TEA の世界観でシックで大人っぽいクリスマステーブルコーティネートを演出。華やかな缶もテーブルデコレーションのパーツにしました。
お料理はメイン、デザートの他、ポップオーバと少しスイートなレバームースとともに召し上がっていただきます。

当レッスンでは、いつも初めにお茶を飲みながらレシピの説明をします。
さまざまなタイプのお茶をご用意するのですが、KUSUMI TEA をお出しした時のみなさんの反応と言ったら!お茶についての質問が絶えず、驚きです。
どうやらみなさんの興味をそそる、味と香りにようです。

ブラックティーも美味しいのですが(特にアールグレイのベルガモットの香りが素晴らしい)、フレーバーティーは格別。
ユニークな組み合わせが、飲んだ方を引きつけるようですね。

KUSUMI TEA との出会いは、もうかれこれ…
ヨーロッパへ行くと、デパートの食品や食器売り場、空港などで見かけます。
25gのミニサイズの缶は必ず買って友人へのお土産に。パッケージの可愛さに渡した瞬間から喜びが伝わってきます。

今ではもっと身近に、日本で扱うお店も多くなりました。やはり友人へのプレゼントや、自分へのご褒美におすすめしたいイッピンです。

それにしてもこの缶の可愛さ、たまらないですね!
I love it 💕

クリスマス薫るKUSMI TEA

今年のクリスマスは自宅でゆっくり過ごそうかしら、そんな方も多いのではないでしょうか?
12月のレッスンでは、フレンチ薬膳に合わせベージュ×ゴールド×赤でコーディネートしました。
フランスで150年の歴史を持ち、皇帝からも愛されたKUSMI TEAの『クリスマス・イン・パリ』
缶を開けた途端、シナモンとクローブのスパイシーな薫りが広がります!
初めて味わうのに、どことなく懐かしいような・・・そんな薫りに私も生徒さんもすっかり魅了されました。
『クリスマス・イン・パリ』は既に完売してしまったようですが、
オンラインショップではコレクションしたくなるほどカラフルで可愛い缶とフレーバーティーがいっぱい。
大切な方への贈り物としておススメです。

↓オンラインショップ
https://www.kusmitea.jp/

Xmas限定フレーバーで自分へのご褒美時間

今年はあっという間にクリスマス目前!
毎年こころ踊るこの時期ですが今年は何となく複雑な気分ですね。
でもそんなときこそ!おうち時間、家族時間をたのしむ!!
そう考えてみると家族との時間をいつもより大切にできますね。
 
「が!!」
 
家族中心に考えるとそうですが、妻、母としてはずっと夫や子供たちが家にいるってことで自分時間がない!!
そんなときの気分転換にぴったりなのが『Tea Time』3時のおやつもいいですが、ちょっと優雅な時間を過ごしてみませんか?

夜は子供と寝落ち、朝早起きしてほっと一息
昼間の子供たちがゲームに夢中の小一時間
お子様が寝静まってどっと疲れたとき


そんなときにぜひ、この時期限定のXmas限定フレーバーを楽しんでみてはいかがでしょうか?
数ある紅茶メーカーから今回私がお勧めするメーカーは缶もすてきでフランス土産でも人気の高い
『KUSMI TEA』です

私は紅茶を発酵させて作る『KOMBUCHA コンブチャ』(昔の紅茶キノコ)の株分けレッスンをしております。
独自メソッドでシャンパンのようなシュワシュワのKOMBUCHAをお伝えしてます。
生徒様はぜひ、スパイシーなフレーバーティーで作ってみてはいかがでしょうか?

今回は手軽にできるレシピ2種をご用意しました。
忙しい12月、ホッとできる時間を限られる! というのを意識し、時短レシピです。
丁寧においしくお茶を楽しむのもありですが、もっと気軽に自分へのご褒美を楽しんでほしいなと思っています。
 
----------------------------------------------------------------------------
ロシア生まれパリ育ちの紅茶ブランド『KUSMI TEA クスミティー』
----------------------------------------------------------------------------
「クスミティー」は、1867年にロシアで立ち上げた紅茶ブランドです。ロシア革命の混乱から逃れるためにパリへと移り、今では世界中の国々で店舗を展開し、多くの人に愛される紅茶ブランドとなり現在に至ります。他の紅茶ブランドには無い、オリジナリティあふれるフレーバーとパッケージの可愛さで人気があり、フランス土産では上位にランクインする一つです。
日本では「DEAN & DELUCA」で販売されていて、パッケージに見覚えがある方も多いのではないでしょうか?
パッケージ買いしたくなるかわいさですが、味もフレーバー豊富でその時期限定フレーバーを楽しみにしているファンも多いブランドです。

『KUSMI TEA クスミティー』
https://www.kusmitea.jp/

*購入できる店舗がHPに乗っていますので、気になった方はぜひ店舗で香りをかいで好みの茶葉をみつけてみてくださいね。
近所にない方は、ネットでも購入可能です。

-----------------------
簡単おいしいレシピ
-----------------------
本来は茶葉の種類によって最適な温度が変わりますし、いろいろと気を付ける点はあります。
◎紅茶 80℃~90℃
◎緑茶 60℃~80℃
◎ホワイトティー 70℃~90℃
◎フルーツ & ハーブティー 90℃~100℃ 

ただ、忙しい皆さんがそんな余裕があるとは思えないですし、
おいしいお茶の入れ方はいろんな方が紹介されているので今回は手軽レシピを!

■■■■■■■■■■■■■
■スパイシーミルクティー■
■■■■■■■■■■■■■
クスミティーのクリスマス限定フレーバーや冬フレーバーはスパイシーでミルクティーにピッタリなものも多いので、
スパイスやフルーツが入ったタイプをぜひ使ってみてください。
ミルクの甘さで砂糖なしでもほんのり甘く、体も温まります。

<材料>1人分
・お好みのティーパック
・お湯 30-50ml
・牛乳 250-300ml

①ティーパックをカップに入れ、テーパックがひたひたにかぶるくらいの熱湯を入れる。2分ほど蒸らす
②蒸らしている間に牛乳を温め、2分後牛乳を入れて2分蒸らす

■■■■■■■■■■■■
■スパイシーTEAソーダ■
■■■■■■■■■■■■
ノンアルコールシャンパンとして、クリスマスパーティーの乾杯にいかがでしょうか?
香り高く、市販の無糖ソーダがあれば簡単に作れます。
紅茶の濃さは入れるソーダで加減してください。ほんのり香るくらいがお食事の邪魔もせず楽しめると思います。

<材料>2人分
・お好みのティーパック
・お湯 100ml
・無糖ソーダ 500ml

①ティーパックをカップに入れ、半カップ程度の熱湯を注ぎ3分ほど蒸らし、濃い紅茶を作っておき冷蔵庫で冷やしておく
②シャンパングラスに濃い紅茶を1/2入れ、静かに無糖ソーダーを加える




タイアップ企画魅惑の「KUSUMI TEA」でXmasを華やかに演出

皆様は「KUSUMI TEA」をご存知でしょうか?
150年の歴史を持つ「クスミティー」はその高貴なフレーバーはロシア皇帝に長く愛され、
伝統の中で生まれた独創的なレシピとモダンで革新的なフレーバーを育む、フランス生まれの類まれなティーメゾンです。

私も娘が渡仏する度に買ってきてくれ、その香り高いフレーバーに魅了されております。
ようやく日本でも購入することができるようになりました。
今回「マイキッチン」様がタイアップしている商品は「クリスマス イン パリ」
ブラックティーがベースでシナモン・クローブ・レモンピールが香ります。
カップに近づくとレモンの香りが漂い、口に含むと最初にレモンの爽やかさが広がり、その後スパイシーなクローブとシナモンの香りが鼻に抜けます。
今回はクリスマスの前菜と合わせ、食後はチョコレートと共に味わってみました。
皆様もこの冬、香り高い「KUSUMI TEA」で心豊かな気分を味わってみませんか?

KUSUMI TEAのホームページは↓です。